一人医師医療法人について、説明してください。

私は歯科医師をしており、歯科クリニックを経営している。
医療法人にすると、節税面で効果的であると耳にした。しかし、医師は私1人だけで、とても「法人」と証するような経営をすることはできないのではないか、と考えている。

<失敗のポイント>
 大規模な経営体という印象を持ち、医療法人を考え、経営プランの選択肢から外してしまった。

<正しい対応>
 一般的に「医療法人」というと、大規模な印象があるかもしれないが、法人数で言えば1人もしくは2人の医師で経営される「一人医師医療法人」と呼ばれる法人が大半となっている。法人化のメリットが見出せるのであれば、医師1人でも積極的に検討すべきだと考えられる。

<税法等の解説>
一人医師医療法人
 1985年の医療法改正前の医療法人については、病院または常勤の医師が3人以上の診療所を開設している法人だけに限定されていた。
 改正後については、常勤の医師が1人または2人で診療所を開設している医師でも医療法人を設立することが可能になった。この法人が、いわゆる「一人医師医療法人」と呼ばれている。医療法上は設立、運営、権利および義務に関して何ら区別は存在しない。

○ 一人医師医療法人の特徴
医師または、歯科医師が常勤で1人か2人勤務する医療法人のことを呼ばれる。

<税理士からのPOINT!>
 診療所の社会的信用をできるだけ高めたい、あるいは子供に事業承継を考えている等の場合において、個人診療所から一人医師医療法人への移行が有効なケースが存在している。しかし、交際費として損金に算入できる金額に限度があるなどのデメリットも存在しているため、十分に検討することが重要となるだろう。経営状況によって判断も異なってしまうため、個人診療所を一人医師医療法人にした場合に税額の比較など税理士に相談することが望ましいと考えられる。